Homeスポンサー広告2013 北海道カブツーリング>2013 北海道カブツーリング 7

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 北海道カブツーリング 7

2013.10.29 Tue



カブ夫婦おいてけ&ムーが初夏に旅した道東を
道中綴ったメモと写真で振り返る。



6月21日(金)
北海道ツーリング7日目

留辺蘂(るべしべ)町 温根湯温泉 → 富良野
走行距離 204.5km





7:00起床。
自宅に居るのかと思った。
ぼけている。







7:30朝食バイキング。
新鮮な刺身が充実していて、好きなように海鮮丼が作れる!
朝から贅沢な。
私はお腹に優しそうなお粥を食べる。









9:30宿出発。
今日の目的地は旭川のラーメンと富良野。
途中からは去年走ったルートを辿るので、それもまた楽しみである。







層雲峡の山頂は霧雨、でも越えた辺りから待望の青空が見えてきた。
昨日までの曇天からやっと抜け出せたか。

空が青い!
日が差すと暖かい…。







11:30アイスパビリオンで極寒体験。

国道39号で旭川に向かってる途中、上川町でふと看板を発見したアイスパビリオン。
どうやら10年ほど前に旦那さんは寄ったことがあるらしい。

懐かしさもありちょっと覗いて行こうという事で、入ってみた。









ちょっとしたテーマパークみたい。
館内はマイナス20度に保たれていて、入り口で防寒ジャケットを着せてくれるのだけど、私たちの出で立ちを見たスタッフさんは
「そのままで大丈夫そうですね~」
と言って通してくれた。











バナナで釘打ち。
あー、これこれ!という体験ができる。
結構楽しい。













そしてマイナス41℃コーナーへ。







上川町が記録した日本最低記録温度らしい。
覚悟してどうぞ。
めっちゃ寒い!







抜けた先であったかいお茶のサービス。
入口で渡され、ずっとフリフリ持ち歩いてたボトルの中身はアイスクリームに変わっていた。
かなり堪能したアイスパビリオン。









13:30 旭川、国道40号のロータリー付近にある一味軒で一年ぶりのしょうゆラーメン。
味噌ラーメンの店だけど、しょうゆラーメンが絶品。







途中立ち寄った美瑛の丘は曇り空。
晴れた空に思いを馳せつつ、富良野へ出発。









16:00ファーム富田に到着。
見ての通り、ラベンダーは少し開花し始めたころだった。









敷地内を走るラベンダー色のスクーター。
スタッフの作業着もラベンダー色。







ひと休みにラベンダーはちみつプリンを。
とろとろ系でなかなか美味しい。

ラベンダースイーツは、ひとくち食べて皆が首を傾げているのが面白い。
香りは好きずきだからね。







去年買って愛用しているトイレの芳香剤を補充。
また一年、わが家のトイレはラベンダーの香りで安泰だ。





そろそろキャンプ地を決めなければいけないけれど、天気予報を見てみるとまた雨だった。
キャンプは諦め宿を探す。

去年お世話になった富良野のペンションのオーナー夫妻には良くしてもらったので顔を出したかったけど、予算の関係で立ち寄れなかった。

またいつかのお楽しみのいう事で。







宿に向かう途中、ホクレンショップでお気に入りのポテトチップス
「ふらのっち」
を探すが無かった。








18:00宿着。

ペンション列車ハウス、お値段安いけどなかなか綺麗でかわいい造りだ。

玄関脇にほんとに列車があって、ここに運んでくるまでに歴史があるみたいだった。

洗濯機に服を放り込んだら、外に晩ごはんを食べに行く。









この辺り一帯でオムカレーがプッシュされてるらしい。
宿の近くの「正直屋」に入ることにした。

オムカレーは卵がトロトロ、付け合わせのじゃがいもが甘くてびっくり!
こんなに野菜が美味しいなんて。
ご飯は嬉しい雑穀米。







ついてきた牛乳も濃厚でおいしい!
牛乳好きの旦那さんも満足の味。
ビンがかわいいのでお土産に一本買った。


店の外に出たら雨が本降りに。
宿泊で良かったかな。

大満足で戻る途中、坂道の夜景が雨に霞んでぼんやり見えてきれいだった。





部屋に戻ると、旦那さんはどうやら頭痛らしい。
少し疲れが出たのかな。
今日はビールはやめて、早寝を勧めた。

21:30就寝


つづく。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

Private

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。