Homeスポンサー広告カスタム/メンテナンス>のろカブ メンテナンス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のろカブ メンテナンス

2014.01.22 Wed



割れていた部品や古くなったパーツをごっそり付け替える。

ついでにレッグカバーもノーマルに戻して冬仕様にお召しかえ。







去年の夏、三保の松原を堪能したするけんツーリングの時にコケて割ってしまったハンドル部分のロアカバー。

走るとウインカーがポロリする状態まま、騙し騙し乗っていた。

かわいそうな姿のまま年を越し、新年にやっと新しいロアカバーをネットで注文。

部品が届いた週末に、おいてけ氏全面協力の元、のろカブ整備会は行われた。

今回交換するのは、

*アッパハンドルカバー
*ロアハンドルカバー
*リアウインカー(一式)
*テールレンズ
*グリップ
*ブレーキアーム







まずくすんでいたテールレンズを交換。
これはネジを回すだけで簡単にできる作業なので、私が担当。







パーツが劣化してカパカパしてたリアウインカーは、配線部分から一式交換するのでサイドカバーを外したり、ガソリンタンクを持ち上げたり、大掛かりな作業になった。







バッテリーが出てくる。
臓物と呼ばれているらしい。







どれがどれやら。
とりあえず同じ色は同じ色のところに繋かってればいいんだね。







コードを通して留めるのに、ガソリンタンクを持ち上げる。
この時は中のガソリンを携行缶に移したけど、何かのコックを締めればガソリンは入れたままでも大丈夫だったらしい。







歳月が刻まれた古いウインカー。
新しいのに交換しますよ。







お次は上下ハンドルカバー。
ライトを外すと脳みそみたいなのが詰まってる。







パッカリ。
上下はネジ以外にも爪で止まってるので、無理やり外しちゃダメみたい。







ロアカバーを外す為には、ブレーキを外しチョークを外しハンドルを外し…。
私だけで作業してたら完全に元に戻す事は出来ない自信がある。

ただ、何がどこに繋がってたのかちゃんと覚えてさえいれば、決して複雑な構造ではない気がした。







新しいのをはめ込む。
怒涛の復元作業開始ですよ。







元どおりに配線を戻し、アッパカバーをはめ込む。

いつものお顔が戻ってきたよ~。









穴の空いてたグリップも交換。







久しぶりに元のレッグシールドを取り付けて、ささやかに冬仕様に。
一気にカブらしい姿になる。

ブレーキアームも少し長いのに交換。
フロントブレーキの効きが良くなるとのこと。







最後にビリビリに破けていたシートを付け替えたら、全ての作業は終了!

シートはカバーをかけて使ってたから摩擦で破れたのかな。
こんなになってるとは気がつかなかった。








完成!

購入当時よりだんだん綺麗にハイスペックになってくのろカブ。
お手入れめんどくさがってごめん。

というわけで、今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

*

補修お疲れです('ε`汗)
部品も新しくなって気持ちよく春が迎えられそうですね。
カブの最終形はノーマルスタイルなのかな・・うん、しっくりきますね。
久しぶりにムーちゃんとのんびりツーリングしたいと思った今日この頃ですw

*

チャメさん>
カブラレッグスタイルもお気に入りですが、
久しぶりにレッグシールドを付けてみたら
ものすごくカブらしい姿になって、これもいいなぁと思いましたw
のんびりツーリングいいですね〜!
田舎道をたどったり美味しいものを食べたり、
春の日光とか・・(^ー^)v

コメント投稿

Private

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。