Homeスポンサー広告日常>牡蠣忘年会 1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牡蠣忘年会 1

2014.12.21 Sun



2014.12.13(土)

毎年恒例となっているかんち君主催の
牡蠣忘年会の前日。







仕事の出張でちょうど関東に来ていたhitoshi君。

一緒に忘年会に参加することになり、
わが家に泊まりに来ていた。

日中時間があったし、せっかくなので彼の希望でこち亀巡りをしに浅草へ。







近くて、手軽に観光気分を味わえる浅草寺。







出来たてほやほやの人形焼、
めっちゃうまい。







夕暮れの方向にカメラを向けると五重の塔。

お、こりゃいい被写体だと
カメラを向ける。

hitoshi君が新調した女子力の高いオリンパスのカメラが羨ましい。







お参りを済ませ、おみくじを引くと
男性陣は[吉]、
私は[半吉]だった。

よくよく読むと文面全て否定形で終わってて、良いことひとつも書いてない。

今年いっぱいの運勢だと言い聞かせて結んできた。



裏通りから漂う香ばしい香りに誘われて行ってみると、醤油だれのだんごが炙られていた。

奥の休憩コーナーでコーン茶も飲めるようになっていて、寒波で冷えた体にはありがたい。







勝どきに移動して、かちどき橋へ。







真ん中が跳ね橋になっていて、昔は開くようになっていたらしい。

渡ってみると、操作室だったと思われるレトロな建物があった。







ぼちぼち夕飯と言うことで、
近くの月島でもんじゃを食べることに。

月島は初めてきたけど、
想像以上に長いもんじゃストリートがあって驚いた。







こちらのお店ですよ。

海鮮メインの近どうもんじゃと
とんこつもんじゃをオーダー。







とんこつもんじゃを焼く大阪人の図。

これがまたうまい。





お腹が満たされたらぼちぼち帰路へ。

帰りに最寄のスーパーで、
明日の忘年会でhitoshi君が作るお好み焼き材料を調達する。

岡山県日生港の牡蠣おこの話から、
明日作ろう!と言うことになった。





帰宅すると、風呂屋に向かう男性陣。

私はあれなので留守番。
明日に備えて準備をする。



当日は圧力鍋でごはんを炊くつもりだけど、うまく炊けるだろうか。

家で何度か練習したものの
ぶっつけ本番でやるしかないと腹を括り、
晩酌を始めた旦那さんたちにおやすみを言って
先に寝た。



続く。







スポンサーサイト

コメント

*

いいなぁ、浅草っ!
今では遠いっ!
里帰しても、チビ達いると足が重くなる。。。
もう少し言う事聞くようになってくれたら、
行きたいな。
あの雰囲気がたまらんねぇ。

圧力鍋ご飯、うまく炊けますように☆

*

ゆきちゃん〉
学生時代に行ったね〜!
相変わらず下町のいい感じだったよ。

ちびっ子達がもう少し大きくなったら、
一緒にお散歩したいね〜(´ε` )ノ♪

コメント投稿

Private

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。