スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USB電源

2015.05.17 Sun



長距離ツーリング中に困ることと言えば、
携帯の充電。

地図やらカメラやら結構電池を食う。



私のカブにもUSB電源を取り付けてもらった。








以下、旦那さんの作業の記録。








電源はここから取る。

プラスの線を元の配線に繋ぐ(A)と、USB電源に繋ぐ(B)に分岐させるらしい。







荷台の箱に充電コードを付けたいので、
もう1本のプラスの線(B’)を頭からこのように這わせて










バッテリーを外して
燃料タンクを持ち上げ、
中から通す。








頭の(B)(B’)を繋げれば
プラスの線は準備完了。





マイナスの線(C)は



これを







ここにネジ止めするだけ。
線繋がなくて車体に留めるだけでいいの??
と不思議に思ったけど良いのだそう。

車体自体がマイナスの線の役割をしてるんだとか何とか。

( ・ ε ・ )???







配線完了。

あとは箱に穴を開けて線を繋ぐ。







箱を取り外した時に線を切らなくて良いように、箱の内外を繋ぐ短い線をもう1本噛ませてもらった。







動作確認OK。

バッテリーが上がらないよう、キーをONにすると通電する仕組み。







完了!







ちなみにUSB電源ケーブルはこちらのを短くして使いました。


スポンサーサイト

コメント

*

(・∀・)説明見てもなんのこっちゃ全然分からんけど(笑)、うまくできるもんなんだねー!
私は地図も写真も旦那任せなのでツーリング時は逆に一切携帯触らずでバッテリー長持ちです。

北海道楽しみね!

*

亜希ちゃん〉
私も地図読みが苦手なのでルートは旦那さん任せだよー。

作業の前に箱付けだけでもやろうかと思い腰を上げたら、手が滑って白箱の角を割ったというアクシデントもあり、私のやる気がだだ下がりになったところで、旦那さんに配線をお願いした次第ですσ(^_^;)
配線とかメンテナンス系はどうも苦手(;´Д`A

何はともあれ、北海道が晴ますよう…!

コメント投稿

Private

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。